ファクタリングを有効に利用することのメリットとは

ファクタリングとは、売掛金を早期に回収したい売主の企業と、代金を期日に支払いたい買主の企業との間に入り、その売掛金を立て替え払いすることで利益を得るビジネスを言います。


現代の売掛を主体とする売買契約に於いて早期にキャッシュフローを改善する役割を果たすとともに取引先の拡充にも貢献する重要な役割を担うものとして注目されているものでもあります。

現代の商取引に於いては、一般的に実際のお金の流れと取引上の流れが異なることが多いものです。

実際の商品の引き渡しと共に取引は成立し代金が支払われたことになりますが、実際のお金は契約で決められた日に支払われることから、その間は帳簿上はお金が有る状態ですが実際にはお金が支払われていない状態になります。

教えて!gooの情報ならこちらで掲載されています。

これを売掛といいますが、この状態では実際には企業にはお金がない状態で、この時に支払いが発生してしまうと企業は赤字になってしまうのです。



ファクタリングを使用することで売掛金を先取りすることができるので、赤字の状態の期間を減らし、企業のキャッシュフローを安定させることができます。
また、手形の先取りと異なり、買主が支払えなくてもファクタリング会社がリスクを負うのでお金を返す必要が無く、安心して転用できます。

但し、ファクタリングで売掛金を先取りする場合にはその手数料が高額になるため実際の売上金より手に入る現金が少なくなることから、そのリスクを十分に鑑み計画することが大切です。

ファクタリングの詳細情報となります。