ファクタリング業者を利用するタイミング

ファクタリング業者を利用する経営者が増えています。
資金繰りに悩み売掛債権の譲渡を考える経営者が多くなりました。

銀行の追加融資が難しい場合に、資金繰りをどうするかが、経営者の最大の悩みです。



人件費を減らせればいいのですが、そう簡単に人件費は減らせるものでもありません。

ファクタリングに注目が集まっています。

そうなると、固定資産や有価証券、在庫の処分になるのでしょうが、中小企業に固定資産や有価証券など、あるわけはありません。

このサイトでwikipediaの最新情報を紹介しています。

在庫を処分するのも、売上のもとになる在庫を処分してしまっては、売上の見込みが無くなり、営業に支障が出てしまいます。

当座の資金がとにかく欲しいが、金融機関があてにならない。

そういう場合は、ファクタリング業者に売掛債権を買い取ってもらいましょう。

銀行の担保評価よりは、ファクタリング業者のほうが低い評価になってしまいますが、それでも当座の資金調達には繋がるものです。
資金繰りはいつも経営者の悩みのたねです。
資金が潤滑に得られればいいのですが、そんな企業は少ないでしょう。いざという時に、どう資金繰りを行うかが、非常に重要になってくるものです。


本当は、固定費を最低限に抑え、余裕のあるキャッシュフローを維持していけばいいのですが、現実には難しいものです。

売掛債権を譲渡すれば、多少の損は出ますが、入金を早めた代わりの割引と考えて割り切りましょう。


とりあえず、現金を手に入れないと、営業機会を損失するような場合には、迷わずに利用しましょう。