介護業界とファクタリングについて

日本は超高齢化社会となっており、介護業界の規模は年々大きくなってきているところです。


介護サービスには老人保健施設や老人福祉施設への入所サービスや、通所サービス、訪問サービス、有料老人ホームなど多くのサービスがありますが、多くのサービスには介護保険制度が関係しています。保険は65歳以上の高齢者が市町村からの認定を受けることで利用することが出来ます。

Weblio辞書情報サイトを利用しましょう。

利用者は認定された等級によってきめられた限度額まで、自己負担1割か2割でサービスを利用することが出来ます。


残りの8割、9割の費用は保険から支払われることになります。


サービスを提供した事業者は保険からの支払いを受けるために、書類を作成し申請を行なう必要があります。

申請された書類は審査が行なわれ、適正であると判断されれば支払いが行なわれます。



このような仕組みのため、支払いまでには数ヶ月の期間が必要になります。


サービス事業者の中には資金繰りがぎりぎりであり、この数ヶ月が待てないケースがあります。

介護ファクタリングついてはこちらのサイトでご確認ください。

このようなときに利用するのがファクタリングというサービスです。
ファクタリングというのは、保険から支払われる権利を買い取るサービスであり、ファクタリングを行なうことによって、サービス事業者はすぐに資金を回収することができます。

資金が豊富な大きな企業が運営する場合を除いて、個人規模の小さな事業所などにとってはファクタリングは非常に助かるサービスであり、このサービスで経営危機を乗り越えた事業所はたくさんあります。